トップページ | 生産者 | 乗松さん

乗松さん

  norimatsu1.jpg norimatsu2.jpg

受け継いだ茶園を大切に、自分の工夫を重ねていく

 

静香園とは父親の代からのつきあいになります。
最初は、親の手伝いとして茶づくりに携わり、現在は兼業農家として、
休日を中心に農作業を行い、新茶の季節が近づくと、
会社を休んで連日、茶業に励んでいます。
良い生葉づくりには、茶園管理が欠かせないため、
土日が雨の場合は休みを取ってでも、
適切な時期に農薬散布を行うよう心がけるなど、
茶づくりへの思いはひとしおです。

受け継いだ茶園を大切に、
自分の工夫を重ねていく

 
静香園とは父親の代からのつきあいになります。 最初は、親の手伝いとして茶づくりに携わり、現在は兼業農家として、 休日を中心に農作業を行い、新茶の季節が近づくと、 会社を休んで連日、茶業に励んでいます。 良い生葉づくりには、茶園管理が欠かせないため、 土日が雨の場合は休みを取ってでも、 適切な時期に農薬散布を行うよう心がけるなど、 茶づくりへの思いはひとしおです。

急須で淹れるお茶のおいしさを若い世代にも

 

ふだんから静香園と密に連絡を取り、
農薬のプロから最新アドバイスも取り入れながら、
静香園が目指す品質の高い茶づくりに応えることが、
大きなやりがいになっています。
新茶の季節に、一面が萌木色の茶園を見ると感慨無量。
ペットボトルでお茶を飲むことが当たり前の世代にも、
急須で淹れたお茶のおいしさを知っていただくことで、
お茶を淹れる暮らしがもっと身近になることを願っています。

急須で淹れるお茶のおいしさを
若い世代にも

 
ふだんから静香園と密に連絡を取り、 農薬のプロから最新アドバイスも取り入れながら、 静香園が目指す品質の高い茶づくりに応えることが、 大きなやりがいになっています。 新茶の季節に、一面が萌木色の茶園を見ると感慨無量。 ペットボトルでお茶を飲むことが当たり前の世代にも、 急須で淹れたお茶のおいしさを知っていただくことで、 お茶を淹れる暮らしがもっと身近になることを願っています。